院長Blog

2012年4月14日 土曜日

桜・さくら・サクラ

桜の季節になりました
クリニックから見える周りにも桜が咲き、すっかり暖かくなってきました

本日はあいにくの雨ですが、このあたりの桜は、この土日が花見のピークになりそうですね

ブログの更新を・・・と思っていつつもついつい先延ばしにしてしまってふと見ると1か月ぶりの更新です
日記というより月記になってしまっています

本日も矯正話を

床矯正(しょうきょうせい)をやっていますか?と聞かれます
もちろんやっています

では床矯正と本格矯正と何が違うのかというと
ざっくり言って年齢が違います

床矯正は取り外しのきく、入れ歯のような物に、ねじとかバネとか入れて歯を動かしていくのですが
おもに歯の生え変わり途中の子供の患者さんに適用します
歯を動かすというよりも誘導するといった感じになります
矯正歯科医はもちろん使用しますが、小児歯科の先生も使用します

一方、本格矯正は歯にブラケットと言われる装置を接着し、永久歯一本一本を動かしていきます
こちらは矯正歯科医の得意分野で、小児歯科の先生はあまり使用しません

以前に小児歯科で床矯正を受けたという患者さんが、綺麗に治っていないと、矯正歯科に来られる場合があります
これは、小児歯科の先生が下手とか、失敗とかいうことではなくて、床矯正でのやれる範囲が限られているので
永久歯までしっかり並べることができなかったということなのです

私的には
床矯正が終わったら速やかに、本格矯正に移行するのが理想的だと思いますので、
床矯正治療の方は、そろそろ終わりと言われたら、本格矯正のカウンセリングを受けることをお勧めします

アーク矯正歯科クリニック
院長 大嶋嘉久

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

神奈川県横浜市栄区笠間3-44-1
メゾングランディオーズ1F

詳しくはこちら

電話受付時間:10:00-20:00
土・日:10:00-18:00

メールでのお問い合わせ
  • あなたの歯は大丈夫? Click
  • 受け口
  • 出っ歯
  • 開咬
  • でこぼこの歯
  • すきっ歯