院長Blog

2012年5月24日 木曜日

矯正治療中の食べ物について

こんにちは
アーク矯正歯科クリニック院長の大嶋です

本日は矯正治療中の食べ物についてのお話です

私は、矯正治療が開始された患者さんに対して
基本的にガムや、キャラメルといった粘着性のお菓子は控えてくださいとお話します
それは装置に引っかかってワイヤーが変形してしまったり、装置の間に入り込んで虫歯の原因になってしまうからです
ただ、あくまで「基本的に」なのでそこまで強制もしません
お友達にもらったりなどして、断れない状況などもありますでしょうからそこは許していますが、
その後のお掃除、お手入れをきちんとしてくださいとお願いしています

ワイヤーが変形したくらいなら、新しいものに変えれば済むことですが
虫歯になってしまっては大変なのでそこだけは十分に注意しましょう

それ以外の食べ物で食べるのを控えるような食材はありませんが
あまり硬い物を食べる際には食べ方を注意していただきます
それとお餅などもあまり大きいまま食べてしまうとを装置に絡まって、うまく飲み込めず
喉につかえてしまう恐れもあるので、小さく切り分けて等、やはり食べ方を気を付けていただきます

食後のお手入れさえしっかりしていただければ、だいたいの物を食べることができますので
美味しいものを食べて、楽しく矯正治療を行ってください

横浜市栄区笠間
アーク矯正歯科クリニック
大嶋嘉久

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

神奈川県横浜市栄区笠間3-44-1
メゾングランディオーズ1F

詳しくはこちら

電話受付時間:10:00-20:00
土・日:10:00-18:00

メールでのお問い合わせ
  • あなたの歯は大丈夫? Click
  • 受け口
  • 出っ歯
  • 開咬
  • でこぼこの歯
  • すきっ歯