院長Blog

2012年12月11日 火曜日

治療期間って

こんにちは
院長の大嶋です

当院では歯の表側に付ける唇側矯正と歯の裏側に付ける舌側矯正の両方が選択できます
舌側矯正は最初の違和感が大きいですが、慣れてしまえばなんてことはないと思います
たまに
「裏側は期間が長くなるって聞いたのですが・・・?」
と聞かれることがありますが、ほとんど変化ないと思います
患者さん本人の個人差の範囲内で、歯が動きやすい人は早く動きますし
動きにくい人は時間がかかるというかんじだと思います

某外国の先生は
「ブラケットを付けている期間は2年以内にしなさい」
「治療が2年半以上かかった症例は評価に値しない」
「3年以上はかかり過ぎ、失敗」
と言われています

私もその先生に何度か症例を見ていただいた経験から
治療期間は2年以内を目標に治療しています

早ければ良いというわけではありませんが
口腔の衛生面からも、歯周組織の面からも、そして患者さん本人の希望からも
なるべく早く治療が終わるに越したことはないと思います

みんな早く良くなると良いな
と思いつつ本日はこのへんで

アーク矯正歯科クリニック
大嶋嘉久

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

神奈川県横浜市栄区笠間3-44-1
メゾングランディオーズ1F

詳しくはこちら

電話受付時間:10:00-20:00
土・日:10:00-18:00

メールでのお問い合わせ
  • あなたの歯は大丈夫? Click
  • 受け口
  • 出っ歯
  • 開咬
  • でこぼこの歯
  • すきっ歯