院長Blog

2015年12月25日 金曜日

歯を抜かない治療??

こんにちは
アーク矯正歯科クリニック院長の大嶋です
すっかりご無沙汰ブログですが
今年最後にちょっとまじめな話を

HPや看板などで
「歯を抜かない矯正治療」
「当院は100% 歯を抜かずに治せます」
「歯を抜く治療は、悪い(古い)治療です」
などという言葉を目にしたことありませんか?

なんとなく、歯を抜かないで治せるのは良い治療だなと錯覚してしまうと思いますが、よく考えてみてください

100人患者さんがいれば100通りの治療方針があってしかるべきではありませんか?
どうしてたった一つの治療方針・治療方法がすべての人に当てはまるのでしょうか?
骨格も違う、性別も違う、年齢も違う、けれどそこの医院に通っている患者さん全員が、同じ治療方針で治していることに違和感を感じませんか?

こういった問題は、矯正の歴史上何度も問われてきた議論です
今でも非抜歯論者の先生がたに支持されているG先生も、K先生も、結局その後何人かは抜歯で治してます(と、師事した教授に教わりました)
K先生に至っては実際に本人の口から、アジア人の何例かは、抜歯で治していると聞きました
古くはAngle先生とTweed先生の時代から何度となく言われてきた、問題です
今更取り上げることではありません

私はどちらの支持者でもありません
非抜歯で治せるなら非抜歯で治しますし、抜歯が必要なら抜歯して治します
一人の患者さんに向き合って、最善の治療が何かということを考えながら診断しています
形に嵌めません。100人いたら100通りの治療方針があって当たり前だと考えてます

もし、気になることがありましたら、セカンドオピニオンをお勧めします
セカンドオピニオンを嫌がる医院があったとしたら、そこはやめた方がいいと思います

アーク矯正歯科クリニック
院長 大嶋嘉久


コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

神奈川県横浜市栄区笠間3-44-1
メゾングランディオーズ1F

詳しくはこちら

電話受付時間:10:00-20:00
土・日:10:00-18:00

メールでのお問い合わせ
  • あなたの歯は大丈夫? Click
  • 受け口
  • 出っ歯
  • 開咬
  • でこぼこの歯
  • すきっ歯